AppleWatch Series3

AppleWatchを買ってから1年以上が経った。
買った当初は使い続けるかどうか不安だったが、蓋を開けてみると毎日着けている。
AppleWatchに搭載されている機能のうち、使う頻度が多いものを紹介したい。

ApplePay

まずはApplePay。これは本当に便利。
iPhoneを出すまでもなく、腕をかざすだけで会計ができる。
電子マネーを使えるところは結構多いので、最近は財布を取り出すことがほとんどなくなった。
スーパーもApplePayが使えるところを選ぶようになった。

ヘルスケア機能

次にこれ。フルマラソンの練習のや睡眠の記録をとっている。
睡眠はアプリを起動することなく、自動でデータを取ってくれる。
こういったデータは毎日確認することはないが、日々積み重ねた結果、いつか役立つ日がくるのではないかと思っている。

目覚まし機能

これまではiPhoneのアラームで起きていたが、AppleWatchでは腕の振動で起きることができる。
一緒に寝ている家族に迷惑をかけることがない。

LINEなどの確認には使えない

iPhoneを取り出さなくても、メッセージの確認ができることが特長だが、現状この機能は使えないと感じている。

理由の一つ目は、本体そのものが遅いこと。
処理の遅さとiPhoneとの通信の遅さが相まって、タップしてからメッセージが確認できるまでに時間がかかる。
今ではAppleWatchを使ってメッセージを確認することはなくなった。

二つ目は、腕時計そのものの構造にも起因するが、画面の確認に両手が必要だということ。
AppleWatchを着けた方の腕を上げ、もう片方の手で画面をタップしないといけない。
小さな画面を両手で扱うのはなかなか骨が折れる。

というわけで、多くの機能を使いこなしているわけではないが、買ってよかったと思っているし、数年後には新しいものに買い替えたいとも思っている。
今後どのような機能が搭載されるか楽しみにしている。