失明したくなかったら、目の検査を受けよう(視神経乳頭陥凹拡大について)

失明したくなかったら、目の検査を受けよう(視神経乳頭陥凹拡大について)

健康
スポンサーリンク

毎年秋に人間ドックを受けている。

毎回、「特に問題なし」で終わっていたが今年は違った。
目の項目に「要精密検査」の文字が。
「乳頭陥凹拡大(疑)」とあった。

「乳頭陥凹拡大」とは?

正式には「視神経乳頭陥凹拡大(ししんけいにゅうとうかんおうかくだい)」というらしい。

視神経は眼球の奥で束になり、脳へとつながっている。
束になっている視神経の中央部分はすこし凹んでおり、「視神経乳頭」と呼ばれるが、その凹みが大きい状態を「視神経乳頭陥凹拡大」というそうだ。

凹みが大きいということは、視神経が何かしらの原因で減っている可能性を示しており、「緑内障」へとつながる兆候だと考えられる。

「緑内障」とは?

「緑内障」は視神経の本数が少なくなることにより、視野に見えない部分が生じ、その範囲が拡大していく病気だ。日本の中高年における失明原因の1位になっている。

視神経は一度失われると再生しないため、一度欠けた視野は回復することがない。よって治療は進行を遅らせることしかできない。

また、緑内障の初期段階では、両目で視野を補い合うため、視野の欠損に気づきづらく、気づいたときには進行している場合も多いようだ。

緑内障患者は40代で20人に1人といわれているが、実際はもっと多くの人がこの病気を罹患していると考えられている。

緑内障の主な原因は眼圧(眼球の硬さ)が高いことで、圧迫された視神経が徐々に減っていくことにより生じるが、眼圧が適正な場合でも緑内障を発症することもあるそうだ(私も眼圧は適正範囲(17mmHg)だった)。

近所の眼科で精密検査を受けてきた

人間ドックの結果を携え、近所の眼科を訪れた。

検査内容は眼圧、眼底、視神経、視野の4つだった。

眼圧検査は眼球に空気を「シュッ」と当てて測定するアレだ。
眼底検査は眼球に光を当てて、目の奥をお医者さんがのぞき込む。
これら2つの検査は割とポピュラーなものだろう。
眼底検査の結果、やはり陥凹拡大が見られるようで、視神経を診てもらうことになった。

視神経の検査は眼底検査と似ているが、別の機械をつかう。
診察室の外に合った説明文によると、「3次元画像解析装置(OCT)」というものを使っているようだ。
顔を機器に置き、点滅するライトを見つめるように指示される。
強い光を目に当てられるが、特に苦痛はなかった。
検査の結果、視神経の減少が見られるため、視野検査をすることになった。

視野検査は専用の装置をのぞき込み、中心にあるオレンジのライトに視点を置くように指示される。
検査が開始すると、オレンジのライトの周囲で大小さまざまな点が付いたり消えたりする。
ライトが付いたら手に持ったボタンを押す、という流れだ。
片目ずつ5分程度検査する。

ライトが付いているにも関わらずボタンが押されない部分があれば、それが視野の欠損ということだ。

ドキドキしながら検査をしたが、結果、現時点では緑内障とは判断できないそうで、来年の人間ドックまで経過観察ということになった。

目の定期検査を受けよう

私はワンデーのコンタクトレンズを使っている。
通常、コンタクトレンズユーザは3,4ヶ月に1回の定期検査が勧められている。
昔は受けていた定期検査も、最近は忙しさを理由に足が遠のいていた。
きちんと定期検査を受けていれば、もっとはやくこの兆候に気づけていたかもしれない。

「緑内障」は近年、若年層でも増加傾向にあるそうだ。
30代の人でも、1年に1回は目の検査をしてほしい。
その行動が未来の視界を守ることにつながるかもしれない。

自分の大切な人や風景をいつまでも見つづけられるように。
自分のからだを守れるのは自分しかいない。