虫歯は「遺伝」する

虫歯は「遺伝」する

健康
スポンサーリンク

表題は、”歯の強さは親から受け継ぐもの”という、文字どおりの「遺伝」を指しているわけではなく、歯の健康に対する親の意識が、子供の歯の健康に影響を与える、ということだ。

私の口の中は、虫歯の治療痕でいっぱいだ。
物心ついたときから、あまり熱心に歯磨きをしていなかった。
気づけば虫歯だらけ、歯医者へ通うことが当たり前になっていた。

虫歯の治療は、本当に辛い。
歯を削られる、あの嫌な感覚は誰しも味わいたくないだろう。
私の場合、進行している虫歯が多かったため、麻酔治療が多かった。
歯茎に注射針を刺されることがとても怖くて、付き添いの親に「麻酔をしないように先生にお願いしてくれ」と頼んだことを覚えている。

そして虫歯の治療はお金と時間がかかる。
何度も通って、やっと治ったと思ってしばらくしたら、また歯医者通い、というループを繰り返していた。
これまで虫歯治療にいくらつかったんだろうか。

虫歯になった原因はなにか。
もちろん第一は自分自身の怠慢だ。
歯磨きをめんどくさがり、ご飯のあとも寝る前も適当に磨く。
いやそもそも歯磨きをしないことも多かった。

だが、その歯磨きをしない習慣をつくるのは親の責任だと思う。
親が歯に対する意識が低いと、自ずと子供もそうなることが多いのではないだろうか。

歯磨きの大切さを自覚して、自ら進んで歯磨きをする子供はほとんどいないだろう。
ふつうはめんどくさがって自分からやろうとはしないはずだ。

そこで親が歯磨きをしてあげる。
その大切さを伝えてあげる。

習慣化すればこっちのもの。
それまで親が辛抱強く教え続ける。

虫歯だらけだった私は、今2児の親となった。
「虫歯遺伝子」は私の代で根絶させる。