人間ドックを受けてきた

30歳を過ぎたあたりから、毎年この時期に人間ドックを受けている。
今年で5回目くらいになる。

人間ドックを受けたことがない方に向けて、特につらいイメージがある「胃カメラ」と「大腸検査」について、実際の検査の流れを書きたい。

胃カメラ検査

人間ドックと聞くと、真っ先にこの胃カメラ検査が思い浮かぶ方が多いのではないか。
よく聞くイメージは、「とにかくつらい」とか「吐き気をひたすら我慢しないといけない」など。

私も初めて受けるときはとても緊張したのを覚えている。
今となっては初回ほどの緊張はないものの、人間ドックの「山場」であることに変わりはなく、胃カメラ検査が終わると、ホッとするのも確かだ。

検査の流れ

まず胃カメラを鼻から入れるか口から入れるかによって若干変わる。
今回、私は鼻から入れたのでその流れを書く。

まず、鼻に麻酔をかける。
両方の鼻に「シュッ」とスプレーをされ、5〜10分待つ。

その次に胃の泡を消すための液体を飲み、喉の麻酔。
喉の麻酔も鼻から液体を入れる。
液体は喉まで流れてくるが、そのまま飲み込むよう指示される。
数分待って、いよいよ検査開始。

診察台に寝かされ、横を向く。
チカチカと光るカメラが視界に入ってきて「いよいよだな」と思う。

鼻から入れるカメラは「最初がつらい」

一般的に、胃カメラは「鼻から入れる方が楽」と言われる。
鼻からの方が細いカメラを使うため、飲み込むのが楽だからだ。

私はこれまで鼻、口の両方を経験したが、たしかに飲み込む段階では鼻カメラの方が楽だと感じた。

しかし、鼻カメラにしかないつらさもある。

鼻カメラを入れてから喉に到達するまでに、ツーンとするポイントがある。
泳いでいて鼻に水が入ったときに、ツーンと来るあの感じだ。
ここが結構つらい。涙がどっと出てくる。

ここを乗り越えれば、次の難関は喉。
硬いカメラが喉を通る感覚。反射的に体は吐きだそうとして「オエッ」とするが、飲み込まなければならない。

カメラが喉を越えたあとは、吐き気を我慢しながら検査が終わるのをひたすら待つ。
看護師さんには、唾液はそのまま垂れ流すように言われる。
飲み込もうとすると検査の妨げになるそうだ。

そう言われても耐えられないので、ときどき「ゴクッ」としながらボーッとカメラの画像を眺める。
時間の流れが遅く感じる。
カメラがお腹の中を動いているのがわかる。

カメラの向きを変えるとき、お医者さんが腕を動かして内視鏡を操作するが、その動きが大きいと鼻が痛い。
鼻の骨が拡げられる感覚。

カメラを入れている時間は5分程度。
体感的には10分くらいに感じる。

大腸検査

胃カメラと並んで苦手な検査として挙げられる「大腸検査」。
検査そのものもそうだが、肛門を見られる、触られることに抵抗を感じる人も多いだろう。

検査の流れ

まずは下剤や浣腸で腸内の便を出し切るところから始まる。
私の病院では浣腸をつかう。

ベッドに寝かされ、下半身にタオルを掛けられる。
横向きになった状態でズボンと下着を下ろし、膝を抱える姿勢をとる。

肛門にゼリーを塗られ、指を突っ込まれる。
腸の向きを確認するためだそうだ。

そして浣腸。
浣腸したあとは、薬が腸に回るように、左右に寝返りを打つように言われるが、無理だった。
足早にトイレに向かう。

可能であれば、トイレではすぐに座らず3分程度立って耐えるよう伝えられたが、とてもじゃないが我慢できない。
トイレに10分ほど籠もる。

そして検査開始。
浣腸のときと同じ膝を抱える姿勢でカメラを入れられる。

モニターは患者も見られるようになっているが、自分の肛門がモニターに映されるのは非常に恥ずかしい。
早く入れてくれと思う。

そしてカメラin。
胃カメラほどの不快感はないが、便意に似たゾワゾワ感がある。
腸のカーブに沿ってカメラが動くときに、こちらも便意のときの腹痛に近い痛み。
「今このへんにカメラいるわ」っていうのが感覚でわかる。

便はできるだけ出し切ろう

大腸検査は便でカメラが先に進めなくなった時点で終了となる。
今回は大腸の途中で便が見つかり、検査終了となった。
便を他人に見られる恥ずかしさもあるが、お医者さんは見慣れたものだろう。

それよりも、できるだけ腸の奥まで診てもらえるよう、便を可能な限り出し切るようにしたい。

今回重要だと思ったのが、前日の食事の時間だ。

病院からは、「前日の夜21時以降は絶飲食」との指示を受けていたが、仕事で夕食が遅くなり、21時直前に食べ終わった。

もっと早く食べ終わっていれば、宿便が減ったのかもしれないなと思ったので、来年はそうできるよう努力したい(浣腸はこらえる自信がない)。

人間ドックで自分の体に興味を持つ

人間ドックでは、胃カメラ検査や大腸検査以外にも様々な検査が行われる。
自分の体の状態を数値データで客観的に見ることができる。
定期的に受けていれば、経年に伴う体の変化にも気づくことができるだろう。

胃カメラや大腸検査もつらいのは数分だけだ。
毎年受けることで、そのつらさにも慣れてくる。

「めんどくさい」とか「検査がこわい」とかで人間ドックを避ける人もいるが、毎日動いてくれている自分の体を知る、労る意味でも定期的にドックを受けることを勧めたい。