2018大阪マラソン(本番)

スタートまでの道のり

いよいよ迎えた本番。
森ノ宮を目指す。

頼むぞ両脚・・・

現地までの電車は激混み。
さすが都市のマラソンだなという感じ。
今回はグループでの申し込みだったので、現地でメンバーと待ち合わせ。
着替えや荷物搬出を終え、いよいよ参加レーンへ並ぶ。

すごい人

参加者は先頭からA〜Pのグループに分けられる。
私はPグループなので一番最後。
スタート位置までジリジリと歩いていく。

スタートラインが見えてきた

いよいよスタート!

競技開始は9:00だが、スタートラインを切ったのは9:30頃。
3万人の参加者となると流石に時間がかかる。

周囲のペースに合わせて走ってしまうと後半バテる、と聞いていたので、ゆっくりペース(1キロ6分半程度)でスタート。普段走れない道路を大勢で走るのが楽しい。

数キロごとにある給水所では、最初の方に人が群がってなかなか取れない。
少し過ぎてから取るとスムーズ。
30kmくらいまでこのペースで走って、余裕があればそこからペースアップしようと思っていた。

脚に異変

ハーフを過ぎたあたりから、急に走るのがしんどくなる。
ゴールまで歩かないことを一つの目標にしていたが、脚が止まってしまった。
一旦止まると、再び走り出すのが辛い。走っては止まりを繰り返しながら進んでいく。

バナナで回復!

27kmのエイドでバナナと軽食(バランスオンminiケーキ)をもらい食べる。精神的なものもあるかも知れないが、これを食べてから体にエネルギーが注入されていくのを感じた。大会前に「マラソンは食べるスポーツ」という言葉を本で読んだが、全くそのとおりだと感じた。

声援のありがたさ

その後も歩きを挟みながら距離を伸ばしていく。
沿道で応援してくださる方々。コスプレしている人もいて、応援することも一つのイベントなんだな、と感じた。
開始当初は恥ずかしくてできなかった沿道の方とのハイタッチ。応援されていることが嬉しくなって、後半やることができた。一度やると楽しくなってどんどんやった。走る人と応援する人、両方を合わせてマラソンなんだと思った。

5時間19分でゴール

満身創痍でゴール。
フルマラソン、完走できたことが嬉しかった。
ペースを見ると、24km以降からガクッと落ちているのがわかる。

次は5時間を切りたい。